包茎手術するかしないか

どこでどうして知ったのか、高校のテニス部の後輩のKが「包茎の治し方を教えてください」っていきなり!

参りました。
仕方なく、話を聞きました。お互い包茎ってことでやたらと盛り上がりましたけど。(^_^;)

で、そいつは、完全な包茎ではなく仮性包茎ってやつです。
なんか、銭湯とかで見ると、成人男性のほとんどはムケているんですよねって。
それで、そいつもお風呂に入る前には無理してでも皮を剥いて入っていたそうです。

で、大半の成人男子はごく自然な感じでムケているんですよね。
包茎だから脱衣所でこっそりと剥いてから入浴するのが、分かるって。。。

僕にも経験ありますけどね。

ただ、僕は包茎から卒業して、本当に気持ちも見えてくる世界も変わった感じです。ちょっと大げさですけど、それくらいの気持ちです。

包茎で悩んでいたときは、本当に女性に対してコンプレックスを感じるくらいでしたから。
でも、僕は思いました。それくらいに自分で剥けるのであれば、ふだんから亀頭部分を清潔に保っていおけばいいのでは?って思ったんです。

包茎手術って、ある程度の覚悟は必要だと思うし。
ただ、これはぼくからのアドバイスですが、包茎を治療するには剥き癖とかはまるで効果ありません。

ポイントは、包茎手術をしなくても包茎を治せるかってことだと思うんです。
ぼくの場合は、思いきって包茎手術しましたけど。

そういう方法は、いろいろありますけど、なかなか思うような効果は見られないかなと言うのが僕の実感です。

包茎はたしかに真性包茎とかカントン包茎ではないなら、無理に手術しなくてもいいそうですが、あとは心の問題です。

そうそうほかにも、埋没包茎というのもあるんですよね。

埋没包茎って、ふつうの包茎手術では簡単には治せないこともあるようです。
下っ腹に脂肪とかでペニスが体内に埋没してしまっている状態です。

 

基本的に、包茎の場合は、恥垢が溜まったりして不衛生の原因になったりします。かゆみとか赤くなったり。
包皮炎って言います。

だから、思いきって手術したほうがいいことも多いようです。

埋没包茎の手術の仕方は、亀頭直下埋没法で手術します。けど、埋没包茎の場合は、同時に埋没陰茎長茎手術をしてもらえばいいようです。

それと保険が利く泌尿器科での包茎手術は手術跡が目立ちますから。

と、まぁ、僕の体験を伝えましたけど、最終的には本人の気持ちですからね。